困ったときに頼れるのは、親や友人ではなくカードローン

お金で困っているとき、頼れるのはなにか?

 

自分は、親や友人、会社の同僚には絶対借りられないと思いました。迷惑をかけたくない、という気持ちとお金に困ってることを知られたくない、といった気持ちがあったからです。とくに恥ずかしいという感情が強くあり、知り合いに借りるくらいなら、多額の利子を払ってでも、赤の他人からお金を借りたいとまで思っていました。

 

そんな自分に、カードローンはとても頼りになる存在。「社会人一年目の若輩者の自分、審査がもし通らなかったらどうしよう」なんて、びくびくしていた審査も難なく通りこのたび、無事、カードローンを利用することができるようになりました。

 

これさえあれば、給料日まで我慢することなく欲しいものを欲しい時に手に入れることができるんです!我慢=ストレスだった自分にとって、とてもありがたい存在となっています。


このページの先頭へ戻る