キャッシングと似ているようで違うカードローン

カードローンもキャッシングもお金を一定期間、金融機関から借りて返すということでは同じです。大きな違いは、借りれる限度額と返済方法・与信審査の度合いです。キャッシングは、多くても50万円です。返済方法は、一括返済が基本です。

 

一方、カードローンは、借入限度額が大きく500万円というのもあります。額が大きいので返済は、基本リボ払いです。額が大きいので貸す方も慎重になり、与信審査も厳しいものがあります。キャッシングは、クレジットカードやキャッシュカードに付帯したサービスであることが大きく、審査は緩やかです。

 

カードローンを初めて利用しようと思ったら、2社同時に申し込むことです。これは、1社で審査が通らない場合、その情報が流れると他社でも通らなくなる場合があるからです。2社同時なら、片方がダメでも、残った会社で通ることがあります。2社ともダメな理由があるなら、他社で審査に通る可能性が低くなりますので、別の手段を考える時間が残ります。1社づつやっていると時間的な余裕がなくなってしまうからです。

 

いずれにしても、借りたら返すが基本であることに変わりありません。

 

無利息サービスを行うキャッシング会社
一定期間無利息で借りられるキャッシングサービスはお得です。


このページの先頭へ戻る